障害の等級

障害上肢機能障害は障害の度合いにより6等級に分かれています。重い順に第1級4号(両上肢の用を全廃したもの)、第5級6号(1上肢の用を全廃したもの)、第6級6号(1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの)、第8級6号(1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの)、第10級10号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの)、第12級6号(1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)に分類されます。

両上肢の用を全廃したものとは、3大関節(肩関節、肘関節、手関節)の全てが強直、手指の全部の用を廃したものです。1上肢の用を全廃したものとは、右手または左手のどちらかで3大関節(手指を含む)の全てが強直、麻痺した場合を言います。関節の用を廃したものとは、関節が強直した場合、関節の完全弛緩性麻痺か近い状態にある場合、人工関節が挿入置換されている関節のうち、可動域が半分になった場合にあたります

廃すると著しい障害と障害の違いとして目安になるのは、廃するは全てが強直または麻痺した場合、著しい障害は関節の可動域が半分以下になった場合、障害は関節の可動域が3分の4以下に制限されている場合を言います。